地震雲・そら観察記、まじょ。のブログ

地震雲・健康・自然・視えない世界、占いサイトに騙された情報をお届けします

地震雲!空の観察記

地震雲!空の観察記。放射状地震雲、断層型地震雲か

投稿日:2017年9月3日 更新日:

よく空を眺めます。不思議な雲に出会うので、2~3年前から雲の写真を撮りためていますが、これってもしかして地震雲?なんて思うことがあります。山口県下関の空。

今までは天使さん?妖精ちゃんなんて思ってたけど、別の意味もあるのかなと考えてみることにしました。

まずはうろこ雲、特に変わったところは無いように見えますが、

こちらのうろこ雲は、地面と平行に川のように流れています。

雲と空があるラインを境にくっきりと分かれている断層型にも見えます。

上記2枚は一昨日の写真です。

 

地球科学や気象学からは、地震の発生と地震雲と呼ばれる雲との関連は無いとされていますが、不思議な雲はよく姿を見せるのです。

地震雲とは、地震の前後に観測される、ある特異な形の雲の事です。

大規模地震に限らず、小さな地震でも地震雲は発生します。

 

以下は、最近何日かの間に自宅屋上や、自宅近くで撮ったものです。

地震雲といえるかどうかわかりませんが、不思議な雲や不気味な雲です。

これは羊雲でしょうか。

羊雲は高積雲の一種、塊状で厚みがあって、比較的低い層に出るようです

黒っぽい陰影が出ます。

ちょっと離れてみると、まるで目鼻口があるように見えます。

こちらは多分イワシ雲(秋の呼び名)

イワシ雲、うろこ雲、サバ雲は、巻積雲の一種。薄くてさざ波状で高層に出ます。

この三つも厳密にいえば違いがあります。

イワシ雲や羊雲が出た後は、雨になる確率が高いそうです。

 

科学的根拠はないが、いわゆる地震雲と言われる雲は、放射状や、渦巻き状や直線状といった、異常な形をしています。

 

ひこうき雲だったら、しばらくすると消えますが、地震雲は同じ場所で長時間見られます。

 

地面と平行に細長く伸びる、筋状、帯状の雲です。

 

これは地震雲とは関係ないかもしれませんが、まるで大空を大きな鳥ラドン?が飛んでいるかのようです。

 

夕焼け、地面と平行に細長く伸びる雲。

大きな竜巻状、UFO雲かレンズ状雲?

DSC_4601

鞘豆型の雲

雲の写真はまだまだありますので、順次upしたいと思います。







-地震雲!空の観察記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

地震雲!空の観察記。断層型・鞘豆型地震雲。UFOみたいな雲

地震雲にもいろいろな種類がある。山口県下関市の空です。 断層型・・・雲と空があるラインを境に、くっきりと分かれるような雲。 お友達のお家から見たある日の夕焼け、海~雲~空。3層に分かれています。 この …

地震雲!の型・月にむら雲花に風

地震雲と言われるものにも、多々種類がある。 *断層型・・雲と空がある所でクッキリと分かれている雲  地震雲!断層型、鞘豆型、UFOみたいな雲   *筋状・帯状・・地面と平行に細長く伸びる雲 …

地震雲!空観察記。色彩やコントラストが異常なくらい鮮やかな空

 地震雲にも種類が多々あるようですが、夕焼けや朝焼けなどの時、空や雲の色、色彩やコントラストが異常になるものも、地震雲の一種であるようです。 ↓今朝の空、朱鷺色というのでしょうか。 いえいえ、朱鷺色と …

地震雲!そらの観察記、光の矢・オーヴ・たまゆら

空を眺める、地震雲らしきものも見るが、光の矢、オーブなどに気分高揚する。 自宅のベランダからの朝陽、光の矢が一直線に伸びる。   帯状か骨状の雲の上のおひさま。 オーブ、たまゆら。 写真やさ …

地震雲!空の観察記。らせん状地震雲・きりもみ状の雲

気象学的には、地震雲と言われるものに根拠は無いとされているが、 電磁波が発生して上空まで届き、雲の形成に影響を与えるという説が有力だそうです。 地震雲!空の観察記・放射状地震雲か 今日は、きりもみ状の …