地震雲・そら観察記、まじょ。のブログ

地震雲・健康・自然・視えない世界、占いサイトに騙された情報をお届けします

地震雲!空の観察記

地震雲!空の観察記。らせん状地震雲・きりもみ状の雲

投稿日:2017年9月4日 更新日:

気象学的には、地震雲と言われるものに根拠は無いとされているが、

電磁波が発生して上空まで届き、雲の形成に影響を与えるという説が有力だそうです。

地震雲!空の観察記・放射状地震雲か

今日は、きりもみ状の雲を集めてみました。

2017年1月7日自宅居間から見た雲。

上空にはお月様も見えていますので、夜の雲ですね。

 

2017年7月17日自宅近くで撮った。漏斗状になったものが上に向かってきりもみながら上昇している雲です。

 

2016年3月16日自宅屋上から

 

2016年3月16日自宅屋上から

龍のようにくびれたり蛇のようにらせん状になったりしている。

「お~~龍さまだ」

らせん状でやや横になっている雲。自宅居間から撮ったもの。

龍や蛇の姿に見える。

 

先月自宅近くで撮ったもの、きりきり舞いしている。

地面に対して垂直や、斜め上に伸びる。

私が撮ったものは細めのものが多いかな。

先月、コンビニに行く途中で見た雲、雲の上にきりもみ状の雲が乗っている。

どこまで地震雲と言っていいのかは分からないが、不思議な雲ではある。

 

だいぶ前の写真もあるので、どのくらい雲が動かなかったかというのは不明であるが、これから撮る時はしっかりと確認したい。

地震は地殻の変動によって発生するが、それによって磁場の動き等々複雑なメカニズムで地震雲は現れるとの説もある。

むやみに恐れることもないが、用心するに越したことはない。

 

昨日の続きの【うろこ雲】or【羊雲】か。

9月のカレンダーから画像お借りしました。

 

和歌山県東牟婁群の橋杭岩

波による浸食で削り出された奇岩の行列。

海面から突き出た橋脚のように直線状に並んでいる。

大小40余りの岩が約850mにわたって並び立つ。

まるで僧侶の後ろ姿のようだ。

と・・・それはともかく、私が食いついたのは空、なんとキレイな【うろこ雲】or【羊雲】だと感じ入った。

 

 







-地震雲!空の観察記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

地震雲!空の観察記・洗濯板状の地震雲

これって地震雲?!と思われるような雲を見る。しかし近々に地震があったような記憶はない。 もともとここ山口県下関は、地震に限らず自然災害の少ない地域ではある。 これまでのところ、だけど。 しかし、熊本や …

地震雲!そらの観察記・帯状、筋状の雲

  お墓参りに行ったときの雲です。 龍のような雲が横たわり、その上に帯状の雲が伸びています。 そのまた上空には、飛行機雲でしょうか。 眼下には関門海峡、対岸は福岡県北九州市門司区です。 こち …

地震雲!空観察記。色彩やコントラストが異常なくらい鮮やかな空

 地震雲にも種類が多々あるようですが、夕焼けや朝焼けなどの時、空や雲の色、色彩やコントラストが異常になるものも、地震雲の一種であるようです。 ↓今朝の空、朱鷺色というのでしょうか。 いえいえ、朱鷺色と …

地震雲!空の観察記。放射状地震雲、断層型地震雲か

よく空を眺めます。不思議な雲に出会うので、2~3年前から雲の写真を撮りためていますが、これってもしかして地震雲?なんて思うことがあります。山口県下関の空。 今までは天使さん?妖精ちゃんなんて思ってたけ …

地震雲!空の観察記。断層型・鞘豆型地震雲。UFOみたいな雲

地震雲にもいろいろな種類がある。山口県下関市の空です。 断層型・・・雲と空があるラインを境に、くっきりと分かれるような雲。 お友達のお家から見たある日の夕焼け、海~雲~空。3層に分かれています。 この …